示談交渉

バイクで回転

交通事故が発生した場合において、被害者は慰謝料を受け取る権利があります。
慰謝料というのは精神的なダメージに対する賠償金です。
交通事故が発生すると物質的なダメージだけでは、フォローできない場合があります。
以前と変わりない生活を送れるようにする精神的な原状回復が慰謝料の役割です。
現実にお金を受け取ったからといって、トラブルの全てを忘れる事はできません。
しかし示談が目指すものは一刻も早い和解です。
加害者はお金を支払い被害者がそれを受け取る事で妥協しています。
しかし精神的なダメージというものは人によって異なります。
その曖昧な部分を逆手に取って、慰謝料を安くしようとする不届きものが存在するのです。
十分な慰謝料を得るためには、精神的なダメージという部分を論理的に示す能力が必要になります。

その論理性を持っているのが弁護士という立場で働く人種です。
彼らは法律の知識をフル活用して、守るべき立場の人間の正当性を訴えてくれます。
法律とは線引きの難しい問題を解決する上では、絶大な威力を発揮するものです。
裁判における活躍が知られる法律は、実は示談においても同様の効力があります。
多くの弁護士は一人で活動せず事務所に所属しています。
弁護士が解決できる問題は数多の種類があり、1人で網羅するには難しいからです。
どんな依頼にでも応えられるように、事務所はそれぞれの分野に特化した人材を抱えようとします。
しかし中には事務所そのものが特定の分野に特化している場合もあるのです。
交通事故を専門に扱う事務所なら、それに関する案件だけを引き受けています。