事故後の対応

青い車

交通事故というものはどれだけ注意をしていても発生するものです。
件数は減少傾向であるものの1年の間に数千件発生しており、自動車やバイクを運転している限り加害者になる可能性はあります。
仮に乗り物で歩行者に衝突してしまった場合、自動車やバイクに乗っている方が加害者になります。
どれだけ相手に非があっても例外ではありません。
しかし法律は加害者側の心を無視しないように出来ています。
事故が起きた時に損害賠償金を支払う事態は避けられませんが、そのお金を軽減する事は可能です。
乗用車を利用していると必ず保険会社に加入させられます。
彼らの雇っている弁護士によって、被害者側の責任が軽い事を賢明に訴える事が可能です。
そして過失割合として記録されて賠償金の額に大きく影響します。

自動車やバイクを購入すると必ず加入する保険会社は、事故を起こした時の強力な味方です。
しかし全てのケースで保険会社が代弁者になってくれるとは限りません。
彼らは保険会社という立場を考えた上での活動をします。
その時に加害者の気持ちを汲み取った対応をしてくれるとは限りません。
保険会社から支払う賠償金を軽減しようとする意志が働くからです。
彼らに悪意はありませんがそれが加害者を酷く傷つける可能性があります。
よって事故を起こしてから自分で弁護士を雇う事も選択肢に入れるべきです。
保険会社に属していない弁護士であれば、少なくとも会社の都合に振り回される事はありません。
雇う弁護士は交通事故の対応に慣れている事務所を中心に探すべきです。